二次試験対策

【50時間で合格した勉強法】中小企業診断士2次試験の内容・対策

 

中小企業診断士の1次試験に合格できた!でも、2次の準備はまったくの手つかず・・・。どうやったら少ない準備期間で合格できるか、教えてほしいです。

 

こんなあなたにむけた記事です。

 

本記事の信頼性

 

中小企業診断士資格証(花月諒)

本記事は、約200時間の学習で中小企業診断士試験にストレート合格した中小企業診断士が執筆しています。筆者の勉強法は企業経営の専門誌「月刊 企業診断」(2021年12月号)でも紹介されています。

月刊 企業診断(2021年12月号)より抜粋

 

この記事では、現役の中小企業診断士である筆者が、2次試験の内容や対策をお話しします。約50時間の学習で2次試験に合格できた解法も完全公開します。

 

最後まで読めば、今日から合格に向けたスタートを切れます。さっそく、はじめていきましょう!

 

中小企業診断士2次試験│試験の概要

 

まずは2次試験の概要からお話します。

  • 受験対象者
  • 日程
  • 科目と内容
  • 合格基準
  • 難易度(合格率)
  • 受験の免除

 

受験対象者

2次試験の受験対象者は、1次試験合格者のみです。いきなり2次試験から受けることはできません。1次試験の内容や合格条件は、以下記事をご覧ください。

【2022年最新版】中小企業診断士の難易度│勉強時間・偏差値で見る難しさ【合格者執筆】

 

日程

例年、10月下旬~11月上旬に筆記試験が行われます。正確な日程は、中小企業診断協会のWebサイトでご確認ください。

2022年度の2次試験(筆記)は、2022年10月30日(日)実施予定です。

 

試験科目と内容

中小企業診断士の2次試験(筆記)は、全4事例×100点の400点満点です。科目ごとの内容は下表のとおりです。

事例 内容
事例Ⅰ 組織・人事
事例Ⅱ マーケティング・流通
事例Ⅲ 生産・技術
事例Ⅳ 財務・会計

 

各事例では、下図のように、中小企業の経営環境などを説明した文章(=与件文)が示されます。

 

二次試験の問題例(2020年度事例Ⅰより抜粋)

 

与件文をもとに、いくつかの設問に文章で答える形式の試験です。ただし事例Ⅳ(財務・会計)は、大半が計算問題となります。

 

かげつ
試験時間は各事例とも80分。問題のボリュームのわりに時間は短く、思考のスピードが求められます。

 

2次試験(筆記)に合格すると、口述試験に進みます。例年、合格率は99%を超えており、落ちることはありません。気になる人は、以下記事を読んでください。

【再現メモあり】中小企業診断士・口述試験の内容と対策

 

合格基準

2次試験は、400点満点中、240点以上(60%以上)を取れば合格です。ただし、1つでも40点未満の科目がある場合は不合格になります。

 

難易度(合格率)

2次試験(筆記)の合格率は、例年20%前後です。過去5年の合格率の推移は以下。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021 8,757 1,605 18.3%
2020 6,388 1,175 18.4%
2019 5,954 1,091 18.3%
2018 4,978 906 18.2%
2017 4,279 830 19.4%

 

ちなみに、2次試験は2回までしか受験できません。(1次試験に合格した年と、その翌年)

 

2回とも不合格なら、次年度の1次試験からやり直しです。厳しすぎます。

 

受験の免除

2次試験に受験免除の制度はありません。

ただし、1次試験合格者が「養成課程」とよばれる予備校のような機関を修了することで、2次試験を経ずに中小企業診断士になれるルートがあります。

中小企業診断士の養成課程はキツイ?【修了者が語る本音】

 

中小企業診断士2次試験│試験の意図

 

ここからは2次試験の対策についてお話しします。最初に大事なことを言います。

中小企業診断士の2次試験は、経営の知識ではなく、論理的思考力を測る試験です。大学受験の「国語」のような試験です。

 

ここだけは、絶対に押さえてください。

 

2次試験は、受験生の経験や知見を聞いているのではなく、与件文に書かれた日本語を読み、論理的な文章で回答する能力だけを測っている試験です。

 

この認識がズレて「自分の経験では・・・」と、独りよがりな回答を書くと、落ちます。

 

中小企業診断士2次試験│50時間で合格した勉強法

 

ここからは、50時間ほどの学習で2次試験に合格したぼくの勉強法を紹介します。

 

①テキストをそろえる

「同友館」が出版している、以下の3シリーズで勉強しました。

・2次試験合格者の頭の中にあった全知識、全ノウハウ
・事例Ⅳ(財務・会計)の全知識&全ノウハウ
・ふぞろいな合格答案

 

使ったのはこれだけ。基本的には最新版を買い、「ふぞろいな合格答案」は、自分が演習したい年度がカバーできる分だけ買います。

 

ちなみに、ぼくは通信講座のスタディングを使って1次試験を突破しましたが、2次試験では使いませんでした。スタディングの解法がピンとこなかったからです。

 

②問題用紙、解答用紙を印刷する

LECの過去問ダウンロードサービスから、問題用紙と解答用紙を印刷します。自宅にプリンターが無い人は、セブンイレブンのネットプリントで印刷しましょう。

 

問題用紙はB5の冊子印刷、解答用紙はA3の2in1印刷にすると、本番と同じになります。こんな感じです。

セブンイレブンで印刷した冊子。なかなかのリアリティ

 

面倒ですが、本番と同環境で演習すると、学習の効果が高まるのでがんばりましょう。

 

③問題を解く

問題を解きます。以下のように、本番と同じ環境で解きましょう。

  • 80分で解く(時間を分けずに通しで解く)
  • 静かな部屋で解く(図書館がおすすめ)
  • 筆記用具類も、本番と同じにする(シャーペン、消しゴム、蛍光ペン)

 

80分の時間配分は人それぞれですが、ぼくは以下のようにしていました。

・設問文を読む(3分)
・与件文を読む(12分)
・設問を解く(12分×4~5問)
・確認(残った時間)

 

④採点&復習

問題を解いたら「ふぞろいな合格答案」の基準にしたがって、採点します。

その後、自分のダメだった点を抽出して、整理します。当日、試験会場に持ちこむ、まとめ資料(ファイナルペーパー)に書いていくのがおすすめです。

ファイナルペーパーの作成例

 

上記は、ぼくのファイナルペーパーの抜粋。主に、「ふぞろいな合格答案」のAランク答案と、自分の答案の差をまとめています。

かげつ
演習は、点数よりも、その後の復習の質の高さが大事です。

以上が、ぼくが50時間で結果を出した勉強法です。特別なことは何もせず、ただPDCAサイクルを回しただけです。

 

中小企業診断士2次試験│かげつメソッド

 

演習を重ね、ぼくが行き着いた解法をまとめたのが下図です。

2次試験のかげつ式解法

 

全部で3つのステップで解答します。

 

ステップ1:文章の型づくり

設問文をもとに、どのような文章で解答すれば良いかを判断します。「並べ型」「流れ型」「比較型」の3つ型で、ほぼすべての問題が解けます。

 

2次試験・かげつメソッド①文章の型づくり

 

ステップ2:答えさがし

文章の型が決まったら、型にはめこむ要素(答え)を探します。できる限り、与件文に書いている事実を使うのがコツです。間違っても、自分の経験を答えてはいけません。きつい言い方ですが、そんなこと誰も求めていません。

 

2次試験・かげつメソッド②答えさがし

 

ステップ3:文章化

「文章の型」と「答え」がそろったら、後はそれらを合体します。機械的な作業なので頭は使いませんが、日本語として読みやすくする工夫がたくさんあります。

  • 誤字・脱字をしない
  • 主語・述語を明確にする
  • 字数制限の8割以上は書く
  • 長すぎる修飾語を使わない
  • 書いた文章を他人になったつもりで読み返す
  • 問題冊子の余白に下書きをする
  • 複数の要素を答えるときは①~、②~、と数字を使う
  • 採点者が理解できない単語(業界の専門用語など)を使わない

 

2次試験・かげつメソッド③文章化

 

文章の書き方を解説した本も1冊読んでおくのがオススメです。ぼくのおすすめはこちら。

 

拍子抜けするくらいシンプルですが、だからこそ再現性が高く、短い時間で効率よく解答力がアップしました。

 

2次試験の解法は千差万別。ぼくの解法も1つの参考に、あなた自身のメソッドを生み出してください。

 

中小企業診断士2次試験│よくある質問

 

ここからは、ぼくが受験生の方からよく受ける質問に回答します。

過去問はどれくらい演習すれば良いですか?

事例Ⅰ~Ⅲはそれぞれ5年分、事例Ⅳは15年分(合計30事例)を解けば十分です。時間に余裕がある人は2~3周まわします。

 

勉強時間の目安を教えてください。

まずは60時間を目安にしましょう。前述の演習量(計30事例)×2時間です。60時間なら、1次試験終了後から勉強を始めても、十分にこなせます。

 

かげつ

ぼくは、事例Ⅳ(財務・会計)の予備知識があったため、事例Ⅳの演習量を削り、50時間の演習でなんとか合格しました。

 

今年初めて中小企業診断士試験に挑みます。2次試験の勉強はいつから始めれば良いですか?

1次試験が終わってからでOKです。

1次試験対策に専念すべき時期に、不安な気持ちから中途半端に2次に手を出した結果、1次試験に落ちるというのはよくある失敗です。

 

どの事例をがんばるべきですか?

圧倒的に、事例Ⅳ(財務・会計)です。計算問題がメインのため、演習量に比例して得点が伸びるからです。

特に「経営分析」「損益分岐点分析」の2領域は、何があっても解けるように訓練しましょう。

 

事例Ⅳ(財務・会計)の「意思決定会計」が意味不明で心が折れます。

ここだけの話ですが、「意思決定会計」は解けなくても合否にはあまり影響しません。ぼくも、試験本番で「意思決定会計」はほぼ白紙でしたが、合格できました。難しいと感じたら、捨てるのもアリです。

 

日経新聞の社説を要約すると、2次試験の練習になると聞きました。やった方がいいですか?

文章を書く練習になるので、ムダとは言いません。ただ、社説を要約する時間があるなら、2次試験の過去問を解いた方が良いと思います。

 

2次試験のおすすめの予備校は?

以下記事で紹介しています。大手予備校よりも私塾のほうが実績が出ています。

中小企業診断士│二次試験の予備校を比較!価格より合格率を重視せよ

 

何度やっても受からないのですが、どのような点を改善すれば良いですか?

以下6つを改善してみましょう。

①:2次試験の趣旨を理解する(本記事のとおり)
②:毎日3,000字以上をアウトプットする
③:自分なりの解法を固定し、繰り返す
④:合格答案の言い回しを真似る
⑤:振り返りを重視する
⑥:勉強時間を決め、死守する

また、どうしても受からない場合には養成課程も視野に入れましょう。

中小企業診断士の養成課程はキツイ?【修了者が語る本音】

 

 

まとめ:2次試験の勉強は量より質。1次合格後、すぐに走り出そう!

 

今回は、中小企業診断士2次試験の内容と対策をお話ししました。

 

最も重要なことを最後にもう1度お伝えします。中小企業診断士の2次試験は、以下の能力が問われる試験です。

 

  • 与件文と設問の日本語を正しく解釈する
  • 与件文から必要な情報を集める
  • 採点者に伝わる日本語で文章を書く

 

これらは、何も考えずに量をこなせば身につく能力ではありません。

 

「2次試験の本質」を理解して勉強すれば、短時間で受かりますし、理解せずに勉強すれば、何年たっても受かりません。

 

勉強量に精神の安定を求めず、効率&結果重視で勉強しましょう。この記事を最後まで読んでくださったあなたなら、きっと合格できるはず!

 

以上です。

ライバルに知られたくない有益情報

さいごに1つだけ、ライバルに知られたくない有益情報をお伝えします!通信講座専門の予備校「クレアール」が発行している本で『非常識合格法』というものがあります。

 

『非常識合格法』では、範囲が広大な中小企業診断士試験に効率よく受かるポイントが網羅されています。

 

他校で勉強していたぼくも、読んでみたら「目からうろこな情報」ばかりでした。実際、この本の勉強法を実践した結果、苦手だった経営情報システムが得意科目になり、本番では84点を取れました。

 

『非常識合格法』は定価1,650円で販売されてますが、毎月100名限定で無料でもらえます。クレアールに資料請求すると数日で送られてきます。

 

クレアールの「非常識合格法」の本が無料でもらえる!

市販の本が無料でもらえる!

 

しつこい勧誘もないので、受験生は絶対に申しこんでおきましょう。

 

無料プレゼントを申しこむ!

 

資料請求の際は、下図のように「その他」にチェックを入れ「非常識合格法」と入力してください。(そうしないと『非常識合格法』が届きません)

クレアール(非常識合格法の請求フォーム)

  • この記事を書いた人

かげつ

中小企業診断士(R3年登録)【経歴】一橋大学経済学部▶インフラ企業(財務部門)▶コンサル会社(Big4)▶独立│通信講座と過去問を使い、約200時間の学習で中小企業診断士試験にストレート合格│効率の良い勉強法などを発信│鹿児島・福岡・将棋・テニスを愛する30代

-二次試験対策

© 2021 200時間で中小企業診断士に独学合格!かげつブログ